アルバ・エデュとは

アルバ・エデュとは

 

<代表挨拶>アルバ・エデュ設立の経緯


 「日本を元気にしたい!」この強い思いを胸に、私は、2009年に 株式会社アルバ・パートナーズ を設立しました。法人のお客様方の情報発信やプレゼンテーションを国内外でサポートしていく中で、日本には世界に誇れる優れた商品やサービスが非常に多くあるということに日々嬉々としながらも、同時に、その魅力や情報の打ち出し方が弱いがゆえに、しかるべき相手に伝えるべき情報がきちんと届いていないケースを多々目にし、残念な気持ちになることも多くありました。優れた製品の開発や知識のインプットには長けていても、その内容を相手に伝えるアウトプットの力(=話すちから)が弱い――。このことは日本人の特徴として顕著に表れると思います。 

 ではなぜ日本人は話すちからが弱いのでしょうか? 思想・価値観・文化・言語など、お国柄としての背景もありますが、私は、学校教育の中でアウトプットの訓練の場が非常に少ないことが、一つの大きな要因だと思います。逆の見方をすれば、訓練さえすれば、話すちからを強めることができると思っています。

 日本の将来を担う子どもたちは、OECDの学習到達度調査などからもわかるように、世界有数の知識・読解力を持っています。グローバル化で国境が低くなる中、社会に出て子どもたちが渡り合っていく相手は、幼少期から Show & Tell で鍛えられた欧米勢や主張に長けたアジア勢なのです。そのような多様な環境で、自分の考え・意見をきちんと外に発信する力を持ってこそ、優れたアイディアが具現化されると考えられます。

 話すちからの強化には、表面的なプレゼンの技術のみならず、自分の考えを論理的に整理する思考力、声や体も使った表現力、そもそもの自分の考えや情熱を持つこと、そして海外向けであれば語学力が欠かせません。アルバ・エデュでは、未就学児・小学生・中高校生・大学生を対象に、各種ワークショップの開催や出張講座、講演会等を通じて、話すちからを高められるよう、活動を推し進めてまいります。

 おりしも2020年には東京でオリンピックが開催されます。これから、ますます海外メディアの注目が日本に集まることでしょう。世界に向けて日本を発信していくまたとないチャンスです。話すちからを携え、世界に通用する人材が増えていくことを願っています。

2016年12月  一般社団法人アルバ・エデュ 代表理事 竹内明日香

 

ワークショップ写真

アルバエデュを寄付で応援する

出前講座 申込受付中!

お問い合わせはこちら お問い合わせフォーム お電話でのお問い合わせ Tel. 03-5981-9271

alba edu Facebook Page