所在地、東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号
info@alba-edu.org

「おさるのジョージとSTEM教育(※)」

日本の子どもにはなすちからを。

「おさるのジョージとSTEM教育(※)」

我が家の2歳と小学校2年生の娘たちはEテレで放送されているアニメ「おさるのジョージ」が大好きです。

私も一緒に見ているのですが、絵本のジョージ以上に、アニメのジョージは様々なことに挑戦し、試行錯誤し、結果を出しています。そのアプローチの仕方がSTEM教育的ではないか!?と思う今日この頃です。

 

例えば、「シカさん、やめて」という回。

ジョージが世話を任された庭で大事に育てている花を、鹿がやってきて食べてしまう。どうしたらよいか。

 

 

まず、朝食で食べていたオートミールをあげてみる…食べない。

次に、フェンスを立てようと考えるが…お金が足りない。
かかしを立てても効果なし、やかましい音を録音して一晩流すが近所迷惑、ガムテープを張り巡らせると自分も畑に入れない、靴下を煮た汁の臭いは自分もつらい。。。

 

 

味覚、視覚、聴覚、触覚、嗅覚について検討した。

友人のビルが「この問題に科学的に取り組んだけれど・・・アイデア切れだ」と言った後、朝食を食べながらジョージははっとひらめきます。始めのオートミールに戻り、効果的な味をついに発見します。

この一連のアプローチを見ていて、ジョージは算数、理科、生活といった基本的な科目の知識を組み合わせ、粘り強く問題解決に取り組むことができるおさるだ!と思うに至りました。

 

この他にも、 子どもなりのTechnologyやEngineeringを駆使して、 家にあるものでおもちゃ用の洗車場を作ってみたり、砂浜に埋もれてしまったロボットを手作りの金属探知機で探し出したりといった回もあり、大人にとっても興味深い番組となっています。

 


毎週、音楽や図工、社会など様々なテーマで周囲を驚かせたり、役に立ったりしています。娘たちは今はそれを何となく面白く見ているだけのようですが、いつの日か、あれこれ試行錯誤することを楽しんでくれればと思います。

 

余談ですが、

黄色い帽子のおじさんの声掛けがいつも素晴らしいと思います。

ジョージが家をどんなに散らかしても、ぎょっとするようなことをしでかしても、「ジョージ、お前は天才だ!」「えらいぞ!」といって、受け止めるのです。アルバ・エデュの活動も、親としての自分自身も、この、「否定しない・直さない」を大切にしています。

 

(※)STEM教育=Science、Technology、Engineering、Mathematicsの頭文字を取り、科学・技術・工学・数学分野に重きを置いた教育のこと。

Mihoko