所在地、東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号
info@alba-edu.org

「正しさ」よりも「好き」を大事にする社会をどうつくるか:成澤廣修(文京区長)×横尾敬介(経済同友会終身幹事)×竹内明日香(一般社団法人アルバ・エデュ代表理事)

AI時代においては、「正しい答えを出す」仕事は徐々に人々の手から離れていく。しかし教育現場では、今でも「決まった正解」が求められてしまいがち。主観的な「好き」を堂々と語れていた子どもたちも、次第に「正しさ」を気にして消極的になっていってしまう…

下記にて代表 竹内の連載が行われてまいりました。読んでくださった皆様、ありがとうございます!
▼英治出版オンライン連載:「好き」を言語化しよう

この連載のフィナーレを飾る催しとして、二人のスペシャルゲストをお招きして、「正しさ」よりも「好き」を大事にする社会をどうつくるかをテーマにしたトークイベントを英治出版主催で行います。

お一人目のゲストは、アルバ・エデュが公立の幼小中に授業を導入している文京区長の成澤廣修さん。文京区は過去に15年間で出生数を1.8倍にした自治体で、成澤さんご自身も2010年に、地方自治体の首長として日本で初めて育児休暇を取得し有名になりました。子ども・教育分野に熱心な成澤さんから、行政の視点を交えてお話を伺っていきます。

もうお一人のゲストは、幅広い視野からよりよい日本経済のための議論や政策提言を行う経済同友会の終身幹事である横尾敬介さんです。みずほ証券株式会社取締役社長をはじめ、様々な会社の社外取締役も歴任されてきたご経験をもとに、ビジネス・経済の観点から今回のイベントのテーマを掘り下げていただきます。

成澤さんの行政の視点、横尾さんのビジネスの視点、そして竹内の教育現場の視点をクロスさせ、「正しさ」にとらわれない「好き」を言葉にできる社会の価値とそのつくり方について多角的に考えていける場にできればと思います。

【タイムテーブル(予定)】
18:30  開場
19:00  開会
19:05  活動紹介:「好き」を言語化しよう(竹内明日香)
19:20  トーク:「正しさ」よりも「好き」を大事にする社会をどうつくるか(成澤廣修×横尾敬介×竹内明日香)
20:30  参加者も交えた対話
20:55  閉会
21:00  終了

【イベント概要】
●日時:2019年8月30日(金)19:00~21:00
※18:30:開場・受付開始
●会場:BOOK LAB TOKYO(東京都渋谷区道玄坂 2-10-7 新大宗ビル1号館 2F)
渋谷駅/京王井の頭線 神泉駅 徒歩7分
アクセスマップ
●参加費:2,000円 ※追加500円でドリンクを購入できます
こちらよりお申し込みください。

皆様のご参加をお待ちしています!!