トピックス

都立中高の授業にアルバ・エデュのプログラムが採用されています

  • 2018.04.16

2017年度4月より、都立の中学校、高等学校の授業プログラムとして、アルバ・エデュの提供する 『プレゼンテーション基礎~話す力、伝える力を高める~』

 が採用され、7校のべ2900名あまりの生徒さんに授業を提供しました。

 

2018年度も引き続き授業の受託が決定しましたのでお知らせします。

以下が授業のねらいとなっております。

○これから5年先、10年先の時代の流れを知り、将来活躍するために必要な能力を知る
○生涯を通じて必要となる「話す力」「伝える力」=プレゼンテーション能力を養う
○自分のこれまでの人生を振り返り、自分の特徴を知った上で、現時点での自分のキャリアプランを整理する 

基本は全4コマで、初日に自己のキャリアのデザインとプレゼンテーションの構築、2日目にプレゼンテーションを実際に行っていただきます。

この時点で既に、中高計7校への導入が決まりました。
「人間と社会」や「総合」の時間での導入が多いようです。

これまでの中高向けの授業例につきましてはこちら をご覧ください。都立以外の学校に対しても授業の提供を行っております。小学校につきましてはこちら をご覧ください。

本件に関するお問い合わせは、info@alba-edu.org まで。

 

全国の新聞に代表理事竹内の取材記事が掲載されました。

  • 2017.01.26

2017年1月7日より、全国各地の新聞に代表理事竹内の取材記事(共同通信社)が掲載されました。

多数の地方新聞「時の人」「ひと」欄等に掲載され、株式会社アルバ・パートナーズ、一般社団法人アルバ・エデュを設立した経緯やその思いが記事になっております。

 

記事をご覧になった全国各地の学校、企業の皆様から講演、授業依頼が多く寄せられており、「プレゼンテーション」への関心の高さが感じられます。

この機会に、話すちからを育てていく活動の場を、ますます広げていきたいと考えております。

 

1/7(土)京都新聞 「時のひと」欄

1/7(土)高知新聞 3面「ひと」欄

1/7(土)山陰中央新聞 3面「顔」欄

1/7(土)新潟日報 2面「ひと」欄

1/7(土)神戸新聞 「人」欄

1/9(月)岐阜新聞 3面「時のひと」欄

1/9(月)四国新聞 3面「時の人」欄

1/9(月)中国新聞 2面「この人」欄

1/9(月)沖縄タイムス 「時の人」欄

1/10(火)琉球日報  「ひと」欄

1/14(土)静岡新聞 「時の人」欄

1/15(日)東京新聞    「この人」欄

1/26(木)宮崎日日新聞

10月15日付「日本経済新聞」に代表理事竹内の取材記事掲載

  • 2016.10.16

10月15日付日本経済新聞朝刊、女性面に、代表理事竹内の取材記事が掲載されました。

NHK朝の連続テレビドラマ「とと姉ちゃん」ヒロインモチーフとなった故大橋鎮子さんが日本興業銀行(現みずほ銀行)OGで「暮らしの手帖」を創刊した起業家であることより、代表理事竹内が興銀OG女性起業家の一人として特集記事に取り上げられました。

 http://style.nikkei.com/article/DGXMZO08252560S6A011C1TY5000?channel=DF130120166018

株式会社アルバ・パートナーズ、一般社団法人アルバ・エデュを設立した経緯やその思いが記事になっております。

記事中の写真は先日、出前授業でお伺いいたしました、墨田区立本所中学での授業風景です。

記事はこちらのNIKKEI STYLEからご覧いただけます。

ご高覧いただけましたら幸いです。

 

代表理事による東洋経済オンライン寄稿記事(Vol.2)、本日掲載

  • 2015.11.21
当法人の代表理事・竹内は、新世代リーダーのためのビジネスサイト「東洋経済オンライン」に記事を寄稿しております。本日、その第二弾となる『「グダグダなプレゼンに陥る日本人の共通項』が掲載されましたので、ご案内申し上げます。
 
なお、竹内の記事は、過去分も含め、下記からご覧いただけます。
 
◆2015.11.21掲載
 
 

アルバ・エデュ、経済産業省「キャリア教育アワード」優秀賞を受賞

  • 2015.11.10

2015年11月10日、アルバ・エデュの活動が、経済産業省より「第6回キャリア教育アワード」優秀賞(中小企業の部)を受賞いたしました。本アワードは、経済産業省が、子どもたちに対し働くことの意義や学びと実社会とのつながりを伝え社会的・職業的自立に向けた力を育成する「キャリア教育」への取り組みを推し進めるにあたり、産業界による優れた教育支援活動に対して表彰する制度の一環です。

 

当法人がこのような名誉ある賞をいただけましたのは、これまでわたくしたちの活動を多方面からご支援くださった皆様がたのお力添えによるものであると、スタッフ一同、深く感謝しております。

 

今後も、発言力の向上を軸に、明日を生き抜く子どもたちのキャリア形成に資する活動を続けてまいりますので、皆さまには引き続き、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

■ご参考■

経済産業省のプレスリリース

代表理事、東洋経済オンラインに寄稿を開始

  • 2015.10.22

当法人の代表理事である竹内は、新世代リーダーのためのビジネスサイト「東洋経済オンライン」に寄稿を開始し、本日、最初の記事となる『「グダグダなプレゼン」しかできない日本人の習性~それは日本人に植え付けられた呪縛だ~』が掲載されましたので、ご案内申し上げます。是非ご覧ください。

アルバ・エデュ代表理事、11月17日『世界に向けた発言力をはぐくむ教育』セミナー講演

2015年11月17日(火)に、アルバ・エデュの代表理事・竹内が、公益社団法人昭和経済会の主催するグローバルセミナーにおいて、『世界に向けた発言力をはぐくむ教育』と題する講演を行います。

 

ますます進むグローバル化の中で、日本の子どもたちは将来、組織や社会の中で自分の主張を周囲に伝えていくことができるのでしょうか? 当日の講演では、一般的に人前で発言するのが苦手とされる日本人が、世界に通用する「発言力」を養っていく上で必要なエッセンスについて、お話しいたします。

 

<セミナー概要>

日時:2015年11月17日(火)10:30-12:00 (10:10受付開始)

会場:アットビジネスセンター 渋谷東口店403号室

会費:2,500円(税込/おひとりさま)

定員:40名(定員になり次第、締め切りとなります)

申し込み締め切り:11月10日(火)

 

当該セミナーへご参加をご希望される方は、恐れ入りますが、公益社団法人昭和経済会(ご担当:山本様)(mailto:info@showa-ec.or.jp)までお申し込み方法等の詳細をお問い合わせください。

 

アルバ・エデュ代表理事、子育てマイスター協会設立シンポジウムにパネラー登壇します

  • 2015.09.28

2015年10月20日開催予定の、一般社団法人子育てマイスター協会の設立記念「子育てシンポジウム」に、アルバ・エデュの代表理事・竹内がパネラーとして登壇します。「子ども教育最前線!異色のトークセッション」と題する当シンポジウムでは、子育てマイスター協会の石川幸夫代表理事のほか、アルバ・エデュの竹内と、プログラミング教室を運営する株式会社アントレキッズの西田代表取締役がパネラーとして、「ポリスじろう」「クック井上」でおなじみの主夫芸人ツインクルがモデレーターとして登壇します。

ご参加ご希望の方は、 一般社団法人子育てマイスター協会のウェブサイト(http://e-kosodate.org/symposium/)よりお申し込みください。

アルバ・エデュ代表理事が、MiraKIDSサイトに、情報提供を開始

  • 2015.09.24

「子どもに絶対させたい新しい体験」を集めたサイト、 「MiraKIDS」に、2015年9月より、アルバ・エデュの代表理事・竹内がキュレーターとして情報提供を開始しました。「MiraKIDS」は仕事も子育ても全力で楽しむママ向けのキュレーションサイトとして、普段できない体験や場を紹介するメディアです。竹内が、仕事と育児の両立に悩んだ会社員時代から独立後現在に至るまで、自身の3人の子どもたちの育児・教育に向き合う中で感じた、子どもたちに身につけさせたい「力」について、情報を発信していきます。

 

アルバ・エデュ、ソーシャルスタートアップ・アクセラレータープログラム“SUSANOO”のデモデイ(事業プレゼンテーションイベント)に登壇

  • 2015.07.31

アルバ・エデュでは本年3月より、社会起業家の支援等を行っているNPO法人ETIC.が運営する、ソーシャルスタートアップ・アクセラレータープログラム「SUSANOO(スサノヲ)」の第2期メンバーとして、当法人のビジョン実現に向けた事業戦略のブラッシュアップを進めてまいりました。本日、その「SUSANOO」プログラムの集大成でもある第2期デモデイ(事業プレゼンテーションイベント)が都内にて開催され、起業家、経営者、CSR新規事業ご担当者、行政、学校法人、メディアなど、各セクターから集った約130名の参加者を前に、「世界に伝わる発言力を備えた次世代の育成」という当法人のビジョンと、社会を変える戦略をプレゼンテーションいたしました。

 

アルバ・エデュでは、昨年来学校への出前授業や各種ワークショップの開催を通じて、次世代の発言力向上へ向けた活動を推進してまいりましたが、それと同時に、約4か月間にわたって「SUSANOO」プログラムの提供するブートキャンプ等で、当法人の活動を加速・定着させる手段等についてさまざまな仮説検証を繰り返してまいりました。その結果、今回のプレゼンテーションでは、親子の対話を促進するイベントである「オヤトコライブ」の開催につき、企業・地域・学校での行事として考えていただけないかというご提案を申し上げました。ご出席の皆様から暖かいコメントを多々いただきましたこと、感謝申し上げます。

 

まだまだ道半ばではございますが、当法人の活動に対し、皆様から引き続きご理解・ご支援をいただけますようお願い申し上げます。

 

以 上

 

   DSC08557        DSC08547

トピックス カテゴリ

出前講座 申込受付中!

お問い合わせはこちら お問い合わせフォーム お電話でのお問い合わせ Tel. 03-5981-9271

alba edu Facebook Page