所在地、東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号
info@alba-edu.org

講演・出前授業のご依頼

講演・出前授業申し込みについて


アルバ・エデュでは、一般公開するプログラムの他に、小中高大・ゼミ、育児サークル、その他の団体さま向けの講演や出前授業も承っております。

スケジュール・コンテンツについては、こ相談の上、柔軟に対応してまいりますので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから

法人向けの各種講演につきましては、こちらをご覧ください

昨今、特にオリンピック・パラリンピック教育や、キャリア教育については、多くのご依頼をいただいております。

 


出前授業の例(オリンピック・パラリンピック教育 )

 

2020年に予定されている東京オリンピック・パラリンピックに向けて、学校での各種お取り組みの側面サポートをいたします。

学校教職員の皆様には、こちらでアルバ・エデュのプログラムの詳細がご覧になれますので、ご確認ください。

東京都オリンピック・パラリンピック教育ウェブサイト
 (都内の各市区町村立幼稚園・学校および都立学校向け、オリンピック・パラリンピック教育支援ウェブサイトです)

東京オリンピック・パラリンピックは、子どもたちの思い出に残るであろう画期的なイベントでもあり、下記さまざまな力を育む題材として、またとない機会です。

「ボランティアマインド」

アルバ・エデュの活動や他の社会起業家たちの活動を紹介したり、地域に移住しながら地方創生に尽力する若者の活動など、多様な生き方を子どもたちに伝え、オリンピック・パラリンピックに際してのボランティアの歴史などにも触れます。


「豊かな国際感覚」

アルバ・エデュの複数のスタッフが留学やビジネスを通じて海外経験が豊富なことをベースに、在日大使館や企業などとも協働しながら、多様性を学ぶ各種プログラムです。


「スポーツ志向」

体育館などで、身体を動かしながら話すことの大切さについて学ぶ「スポーツ×プレゼンテーション」のプログラムを展開しています。「言語化することが、スポーツその他の活動にプラスの影響を与える」という観点や、コミュニケーションを取りながらチームワークを育むことを学び、園児~大人まで幅広い層に好評です


「日本人としての自覚と誇り」

日本の伝統文化を再考しながら、自分たちのアイデンティティを知り、昔今未来に通じる生き方考え方について思いを巡らす。それをいかに対外的に発信するか。調べ学習やご要望に応じて、英語での発表のお手伝いもしています。


「障碍者理解」

多様性について子どもたちに考えてもらいながら、総合的なインクルージョンの問題として、他者に対する理解を深める授業をします。視覚が遮られたり、言葉が使えない状況でのコミュニケーションのあり方を学ぶ授業も展開しています。


出前授業の例(キャリア教育45分×2コマの場合)

 

「お店の仕組みについて学んで発表しよう!」

~こんなお店をつくってみたい

1.導入「モノの流通」(5分)

2.お店の仕組みについての検討会(10分)

3. 自分のお店考案ワーク(30分)

-休憩-

4.グループ別プレゼン練習(10分)

5. 呼吸法&発声練習(10分)

6.発表(20分)チームごと/個人

7.講評(5分)

「このチームで起業するなら何をする?」

~世の中にはない新製品、新サービス、お店をつくる

(45分×2コマの場合)

1.導入「本日の流れ」(5分)

2.自己棚卸&他者理解(10分)

3.チームに分かれ議論&考案ワーク(30分)

-休憩-

4.チームごとにプレゼン組み立て&発表準備(20分)

5. 呼吸法&発声練習(10分)

6.発表+講評(15分)

上記はあくまでイメージいただくための一例です。事前のお打ち合わせ等をもとに、時間や内容についても、ご要望に応じた形でご提供いたしますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから