プログラム

小学生

★ねらい★

日本の子どもたちが得る発言の機会として最も一般的なのは、学校で先生の問いかけに挙手して回答する場面ではないでしょうか。
アルバ・エデュでは、そのような「正解」の発言ではなく、子どもたち一人ひとりが、人とは違うかもしれない自分自身の考えを、伸び伸びと人前で表現・発表できるようになることが大切だと考えています。
こうした自己発信力を養う上では、「自分の考えを論理的、客観的に整理し思考する力」や「相手の意図を読み取りながらその上で自分の考えを伝えていくコミュニケーション力」が欠かせません。

アルバ・エデュでは、子どもたちが楽しみながら取り組めるプログラムを通じて、
子どもたちに様々な気づき・体験の機会を与え、同時に人前で表現・発表する力を養っていきます。
また、一人ひとりの豊かで柔軟な発想力を尊重することで、日本の子どもたちが弱いと言われている
「自己肯定感」を育み、子供たちの可能性を最大限に引き出していきます。

コンテンツ

将来、どのような分野においても自己表現できるようにするための第一歩として、単にプレゼンテーションそのもののテクニックだけではなく、様々な角度からのアプローチによって、自己発信力を育てるためのプログラムを提供していきます。

キャリア教育

職場体験、工場見学などを通じ、世の中との接点を持ち、自己を見つめるきっかけにする様々な体験機会を提供します。また、単に体験で終わらせることなく、論理的にまとめ、他者に発表できる場を設けます。

また、身近なお店を題材に、社会においてモノやお金がどのような仕組みで動いているかを知り、自分たちでお店を「創造」する起業家体験も提供しています。

STEM・ICT・芸術

プレゼンテーション教育を各種教科や活動と自由自在に組み合わせて、授業やワークショップを提供しています。
科学系の各種能力を高めるためのSTEM (Science, Technology, Engineering, and Math)教育、プレゼン作りでは欠かせないスライド作りを含むICT教育、表現力を高める音楽、アート、ミュージカル体験など、各種体験をプレゼンテーションと組み合わせて準備しています。

 

コミュニケーション

ディベートやアイスブレイキングゲームなどを通して、楽しみながら自然にコミュニケーション力を育ててきます。発話の基礎となる発声、滑舌練習なども取り入れ、普段の生活では身に付きにくい発話能力を鍛えていきます。
また、昨今、対話が減りつつある、家庭や地域において、親子、他世代間の対話が膨らむワークショップも開催しています。

英語

バイリンガル講師による指導で、耳で聴いたことを口に出してみることで、自然に英語になじんでいきます。世界中とコミュニケーションをとるために必要な力を身につけます。

他国、他地域の文化に目を向けることで多様性を知り、アイデンティティを見直すきっかけも提供しています。

典型的なスケジュール

過去に行ったワークショップの一例:
2時間コースの場合

  1. 自己紹介(10分)
  2. ゲーム・発声・歌(20分)
  3. テーマに絞ったレクチャー(20分)
  4. グループ別プレゼン練習(30分)
  5. 発表(30分)チームごと/個人
  6. 終わりのご挨拶(10分)

ワークショップでは、次に掲げたコンテンツを幾つか組み合わせつつ、毎回、軸となるテーマを決めて、そこを
掘り下げながら展開していきます。初めてご参加されるお子さまも、継続的にご参加いただいているお子さまにも
楽しめるプログラムとなっています。

 

活動報告

小学生の活動報告は こちら

アルバエデュを寄付で応援する

出前講座 申込受付中!

お問い合わせはこちら お問い合わせフォーム お電話でのお問い合わせ Tel. 03-5981-9271

alba edu Facebook Page