所在地、東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号

元日本代表サッカー選手森岡隆三先生が質問に答えてくれました

5月5日こどもの日は

元サッカー日本代表キャプテン森岡隆三先生の「アスリートに聞く夢のつかみ方」の授業でした。

100人を超えた参加者のみなさま。
いままでのなかで親子一緒のご参加が一番多かった気がします(笑)

 

実際にボールやボールの代わりに枕や紙を使って
画面のまえでトレーニング!!

・一人じゃんけん
・片足立ちバランス&体幹
・ボールタッチとジャグリング
・一分間シザースチャレンジ

画面前で真剣にやるみなさま!

「ボールを使ってやるのが楽しかった!!」
「森岡先生がどのようにして夢を叶えてきたかがわかったので、それを参考にして自分も夢を叶えたいです。」
などたくさんの感想をいただきました。

 

 

 

 

 

 

授業中、チャットにたくさんの質問をいただきました。
森岡先生はすべての質問にお答えになれなかったことを気にされて
丁寧にご回答をくださいました。
内容が素晴らしいので、こちらに感謝を込めて掲載させていただきます。
受講されなかった皆さまにもご参考になれば幸いです。

 

++++++++++

・一番思い出に残った試合は?
一番を決めるのは難しいけど、嬉しかった試合では、人生初の日本一になった、『ナビスコカップ決勝vsヴェルディ』
日本代表のゲームでは『アジアカップ決勝vsサウジアラビア』それとサンガ時代の昇格プレーオフを制してJ1昇格を決めたvsサンフレッチェ』
苦かったり勉強になった試合、思い出は多々あるものの『デビュー戦vsマリノス』や自分のミスで失点、敗戦したゲームは苦く、自分を成長させた!
『天皇杯決勝vsフリューゲルス』もそう。敵地とはいえ完膚なきまでにやられた『vsフランス@サンドニ』はまさに良薬口に苦し。
悲しかったのはW杯初戦『vsベルギー 』です。

 

・今後の目標は?
今はエスパルスのアカデミーから世界に飛び立つ、そんな選手を育てることの出来るように、素晴らしいアカデミー作り!マネージメントサイドから、サッカーと関わり、サッカーを追求ですが、指導者、監督としての目標もあって、ACLを獲得したい!

 

・ポジション争いはどうだったか?
中学まではFWだったけど、高校に上がると練習についていくのがやっとで、ポジションは選べなかった。それでどのポジションでも試合に出たい一心で何にでも取り組んでいたら、DFの楽しさにのめり込んだ!それはプロになっても一緒!いつでも少しでも上手くなりたい!その一心なので、実は試合に出られないどころかメンバーにも入れなかった20才前の頃が、一番楽しかったかもしれない。日々上手くなっている実感があり、練習に行くのが楽しくて仕方なかった
というわけで、ポジション争いというより、常に自分との戦いでした。

・どうしたら夢を決められますか?
これは難しい質問ですね。 正直、偶然の要素が強いと思います。自分自身、サッカーとの出会いは兄がやっていたから、というのがあったからで、たまたまそれが夢になったからです。でも実際、好きになるのも偶然の要素が強いと思いますし、苦手だな、と勝手に思っていたものを好きになることは生きていて多々あります。私でいうところ高校から今までやったことのないDFをやってみたら大好きになったことや、今は大好きのお酒なんかもそうです。笑
偶然の要素を必然に変えるのに大事なのは、今日も話したように、何事も決めつけてしまわないことかなと思います。 そして夢が見つからなくても焦る必要なんてありません。 私の友人でアーティストの『Orange Range オレンジレンジ』の歌の歌詞に「夢あるからって別に偉くはないよ、夢ないからって別に焦んなよ。今日の一歩が景色を変え、創られていくんだよ、未来なんて~SP Thanks~」っていうのがありますが、常に前向きな一歩を歩み続けることで、きっと素晴らしい未来が創られる、と私は信じています!

 

・サッカーをやっていて一番学んだことはなんですか?
私がサッカーを通して学び、大事にしてきたのは 「100%プレーする」「瞬間をプレーする」「最後までプレーする」ということです。そして勝負の世界においても「競争」と「協調」の中で「共創」の心を培いました。 これらの一部はエスパルスアカデミーのフィロソフィーにもなっています!
今日話をした、成功のための条件「一人でも多くの人に応援されるようになる」というのも大事にしています。

 

 

・一番のシュート、一番の思い出のシュート、良かったシュート
今日も話をしましたが、プロ初ゴール、鹿島アントラーズ戦のゴールは良い思い出です。レンタル移籍でエスパルスに来て、このゴールでサポーターに認めてもらえた気がしたものです。また、右サイドバックながら、右MFのクロスにゴール前で合わせてのゴールは、今流行りのサイドバックのスタイルを先取った感じでしたね。
あとはポジション的に、ゴール自体は多くなく、流れから決めることよりもセットプレーが多く、天皇杯決勝でのヘディングシュートは気持ちの良いものでした。
またフリーキッカーとしては、静岡ダービーでの直接FKが良いゴールでしたね!

++++++++++++++++

こんな丁寧に答えてくださった森岡先生!!
本当にありがとうございました!

 

そして連日、オンラインおうち学校にたくさんの子どもたち(おうちの方も!)が入ってくださっていて
心から感謝しております。
受講者アンケートの回答を読むと、子どもたちの心に沁みたことを確認でき
スタッフ一同、続けてきて良かったと感じる毎日です。
これからも応援よろしくお願いいたします!