所在地、東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号

教育関係者によるアクティブラーニング実践型ワークショップ開催

英治出版オンライン連載「好きを言語化しよう」の完了を記念し、8月30日に2部制のクロージングイベントを開催しました。

第1部は、
「アクティブラーニング実践型ワークショップ ~社会に求められる能力を伸ばす授業とは~」と題し、
教職員・教委・官僚・会社員・団体職員など、教育に関心のある方々34名により大変活発な意見交換をしていただきました。

アルバ・エデュも回収をお手伝いした、福井大学教育学部附属義務教育学校が行ったアンケートの中間分析結果発表では、
「社会に出てから求められる本当の能力とは何か?」の問いに対する、社会で活躍する方々からの回答は ・・・

群を抜いて「コミュニケーション力」😳と紹介されました!やはり!
(最終集計をお楽しみに)

そのように社会で求められているコミュニケーション力の大きな柱である「話す力」を学校の授業でどう伸ばしていくのか、実際に授業で行っている、アルバ・エデュのメソッドを参加の皆様に体験していただいたのち、
学校でどのような授業案があったら今の子供達に役立つのか、5コマ分の授業案をチームにわかれて作っていただきました!!

その中からは、
・先生に学びたいことを生徒がプレゼンする!
・生徒たちがプロジェクトチームを作り、クラウドファンディングする!
・別人格になって、自然の中で叫ぶ!
などの楽しい授業案が飛び出しました。
(実際の内容はさらに綿密です、念のため)

高校生グループも参加し、大人たちにまじって堂々と自分たちの意見をプレゼン。

最後に高校生グループに「この授業を受けてみたい!」という投票をしてもらい、Aチームの授業案が選ばれました。

ご参加頂いた皆様、活発で自由な発想と授業案をありがとうございました!!
オープニングに続き、素敵な場所を貸してくださった英治出版に改めて感謝!

この授業案、アルバ・エデュのカリキュラム策定に採用されるものも、ある、かも!??です。
当日の動画はこちらより:

そして、このあと第2部につづく。。。