活動報告

対談vol1 本郷光一先生×竹内明日香

スペシャル対談①2019.3.18

「文林中学校に根付いたもの」

 


 

本郷先生

竹内さん、文林はいま「プレゼンの文林」と言われています。

プレゼンテーションが文林の伝統になるとも期待を持っていただいています。

それをいろいろな方から耳にする度に、教員一同、内心笑顔になっています。

 

 

 

 

 

 

竹内

今回卒業したこの学年は、授業を通じて一人ひとりの成長に寄り添わせていただき、その中で、プレゼンが上達するとともに自信もつけてくれていたように感じました。

 

文林中では、子どもたち同士の仲間意識が強いことも素晴らしいことですね。

 

人前でのプレゼンって、勇気のいることですから、自分のプレゼンを受け止めてくれる仲間がいることで、安心して頑張れたのだと思います。

自分の伝えたいことを、しっかりと伝えることができるから、またそこで、仲間意識が深まっていく。そんな相乗効果がありますね。

 

 

 

 

本郷先生

文林は全校54名ですから、そのアットホーム感を大切にしながら子どもたちを育てています。

 

私のところには、毎日、全校の生徒が話しに来ます。

彼らと接していると、アルバ・エデュのプレゼンテーション授業で培った「話すちから」が、日々の学習や生活、校外学習などさまざまな場面で生かされていることを感じます。

 

アルバ・エデュの皆様との取り組みを始めたのは 2017年9月ですが、たったの一年半でとても大きなうねりとなって、学校や生徒が変わっていきました。今回、卒業したあの子たちを見ると、改めて大きな力になったと感じています。