所在地、東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号
info@alba-edu.org

教材・指導書の開発

カリキュラム

アルバ・メソッドに基づいた電子教材指導の手引き補助教材、カリキュラムを提供しています。
(下記は一例です)

社団設立以来、積み重ねてきた授業でのノウハウに加え、
東京大学の北村教授、学習院大学大桃教授、東京都文京区教育委員会の皆さまとともに
会合を重ねて練り上げたこれらの資料を、
2020年3月に幼稚園・小学校・中学校に各学年分、納品しました。

 


電子教材
(自治体学校向け)

 


指導の手引き
(教員向け)
補助教材
(小中学生向け)

 


自治体の教育委員会のご要望に合わせ、学校の年間行事や地域との関係を考えた授業を共に考え、
学年ごとに授業案、教材、ワークシート、教員マニュアルをセットにしてご提供します。

 

■学年別内容例

幼稚園・小学校・中学校までのカリキュラムを取り揃えております。

【小学校低学年目標】
・身近な「好きなこと」を人に伝える。
「イイタイコト」を言語化する。
・自分の周囲に目を向け興味を持つ
→ 調べ学習への下地作りをする
・人前でしっかりとした姿勢で立つ。お腹から声を出す
・写真を用いたフリップ作りに挑戦する

【小学校高学年】
・調べ学習において事実を広く調べ、自分の意見を深めた上で「イイタイコト」を導く
・インターネットを使った調べ学習に慣れる
・調べ学習からデータを作成することに挑戦する
・結論を意識して、プレゼンを組み立てる
・プレゼンスライドへの写真や画像の取り込み貼り付けに慣れる

【中学生】
・グループで議論する際の合意形成作業に慣れる。
テーマ設定においても、議論の上行う。
・調べた情報を編集し、理由と根拠を明確にする
・聴衆を意識して視線を分配して話す
・強弱や抑揚をつけ魅力的に話をする。何度も練習する
・デザインや言葉の力により、聞き手に強い印象を与える

 

 

 

 

 

授業を進めるための教員研修や外部講師派遣も行っております。
授業内容についてお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

序論

主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の授業の流れ
 「考えるちから-伝えるちから-見せるちから」の体系についてのご説明

考えるちから

広げる ~調べ学習、探求の仕方
深める ~自分に問う 質問力を上げる手法、
ロジカルに話すためのコツ、文章の磨き方等

伝えるちから

場をつかむデリバリー
アルバ・エデュ式発声練習

見せるちから

効果的なスライドの作り方
図工・美術につながるデザインの考え方
算数・数学につながる図解の仕方

 

ワークシートを使った作業の説明

 

子どもたちの作業スピードに合わせた説明が可能なアニメーション入りワークシート

エレピカード!

   エレベーターに乗ったら、そこには憧れのあの人が!!あなたならどうする!?思い切って話しかけますか?モジモジしているうちに目的階に着いてしまいますか?

子どもたち・若者たちが、将来やってくる「とっさのチャンス」をつかむために開発された カードです。

楽しみながら即興プレゼンが学べます。

お問合せはこちらまでお願いいたします。

MAIL: info@alba-edu.sakura.ne.jp