所在地、東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号

私たちの思い Vol.4

~ 未来を担う人たちのために私たちにできること ~

 

2050年、現在20歳大学生は55歳、10歳子どもは45歳になります。ことき、日本はどうなっているでしょうか。国立社会保障・人口問題研究所による「日本将来推計人口(2012年1月)」によると、現在かろうじて太めつぼ形を保っている人口ピラミッド<図1>は、年々下半身がやせ細り、2050年には全体面積も減ってまるで矢尻先が土に突き刺さったような形になっています<図3>。1970年、約10人現役で一人高齢者を支えていたもが<図1>、2008年には約3人で一人、2050年には1.3人で一人高齢者を支えるという試算です。また2050年時点で75歳以上貧困高齢者1700万人うち1200万人が生活保護対象になると言われています1驚異的人口減少および超高齢化貧困化社会において、高齢者医療費や年金生活保護費に押しつぶされることなく、たち子どもたちが生き延びていけるようにするために、たちに今できることはなんでしょうか。

 

グローバル化、ICT化により、企業はより安価な労働力を海外に求め、これまで人にしかできないと思われていた多く仕事が、機械に取って代わられはじめています。30年前ように、普通に勉強して普通にそこそこ大学に入り卒業さえすれば仕事があるという時代はすでに終わりを告げつつあるです。生き残りをかけて、日本企業・外資系企業を問わず、労働市場はグローバル化していきます。英語やそ外国語を使うことは、教養でもオシャレでもなく、自分市場価値を落とさないようにするため必須要件となってきているです。仕事をしていく上では、単に他言語や他文化を理解するだけでなく、相手に言いたいことを伝え、相手を動かす力も必要です。

一般社団法人アルバ・エデュでは既存学校教育制度内で行われてきた教育を前提としながら、それみでは補いきれない部分(コンテクストを共有しない相手と折衝や、さまざまなかたちプレゼンテーション、論理思考能力トレーニング、主に英語で意見表明や交渉、発表能力向上など)を20年後30年後に日本をリードしていく次世代若者にぜひとも身につけて欲しいと考えています。たとえ国という枠が弱まったとしても、世界中どこにいても強くしたたかに生きていけるという自信と、世界競争相手と伍していく力があれば、これから迎える厳しい数十年を悲観することなく導いていくことができるではないでしょうか。

3人子を持つ親として自身目ことに流されがちなですが、アルバ・エデュ活動にご賛同くださる皆様とともに、自分子どもたちだけでなく、次世代全体底上げお手伝いができれば幸いです。

(Asa)

1小笠原泰『没落する日本 強くなる日本人 弱者条件 強者条件』さくら舎、2014年、73頁.