所在地、東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号

都立東村山高等学校にて出前授業「プレゼンテーション基礎~話す力、伝える力を高める~」を実施しました

アルバ・エデュでは、2017年7月18日(火)、19日(水)の2日間にわたり、東京都立東村山高等学校3年生6クラス186名の生徒の皆様へ、「プレゼンテーション基礎~話す力、伝える力を高める~」と題した授業を実施しました。

今回も東京都教育庁による「都立高校生の社会的・職業的自立支援教育プログラム事業」の、数多くのプログラムの中から、「総合」の授業の一部としてご選択いただきました。

まず1日目は、「話すちから」とは何か、プレゼンの基礎を学び、自身の棚卸しを行いました。アルバ・エデュ式の発声練習やゲーム形式の短いプレゼンテーションも行いました。
2日目は「キャリア」とは何か、未来の自分や社会課題の解決のためにこれからできることについて考えていきました。それをもとに、各自のキャリアデザインについて、チームに分かれてプレゼンをしていただきました。
2日目のプレゼンテーション本番は、各生徒さんの個性が表れた、充実したものとなりました。クラスメイトのプレゼンに刺激を受け、リハーサルよりさらに良くなった場面もありました。
これから様々な進路に進む生徒さんたちの、キャリアを考える一助となれば幸いです。
このたび授業をする機会をくださり、授業中のフォローなど温かいサポートをくださいました都立東村山高等学校の先生方に、改めて御礼申し上げます。

 

コメントを残す