所在地、東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号

都内区立小学校にて「スポーツ×話すちから!」授業実施

アルバ・エデュに新時代到来!

〜「スポーツ×プレゼン」企画が始まりました!!!

 


 

2018年2月20日(火)荒川区立赤土小学校にて、著名サッカーコーチと元Jリーガーとのコラボ授業が実現しました。

 

言語化がスポーツのトレーニングにおいて大切なプロセスであることは、昨今話題になっているところです。

柔道の世界では、オリンピックに日本代表が初参加した際に先導し、のちの日本初開催に奔走した嘉納治五郎も柔道に「問答」を取り入れることの重要性について説きました。

そもそも柔道という競技が成り立つまでに行われた「言語化」のプロセスについて、そして、その他、現代のサッカー、テニスなどのスポーツや音楽の歴史など、各分野の強化プログラムと「言語化」の関係について、小学生から大人まで分かりやすくお伝えする授業です。


小学生向けには、ゲームを取り入れて身近なチームスポーツでの「うまくいった声がけ」「うまくいかなかった声がけ」を振り返ってみたり、それを「コミュニケーション」と考えたときに、次からはどんな「声がけ」であれば強くなれるのか、楽しくやれるのかを考えてもらいました。教室での授業と校庭での授業との組み合わせで、実際に体を動かしながら楽しくコミュニケーションの重要性を体感することが出来ました。

 


 

スポーツとコミュニケーション能力の向上に力を入れる学校におすすめの講座です。
アルバ・エデュ初の試みとなりましたが、
皆様のご協力のもと実現することが出来ました。
荒川区立赤土小学校教職員の皆様並びにご関係者の皆様に心より御礼申し上げます。