所在地、東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号

ディレクトフォース様向けに講演しました!

2月19日(水)、東京大手町にて一般社団法人ディレクトフォースの教育部会の皆様に向け、代表竹内がお話をさせていただきました。
ディレクトフ
ォースは、アルバ・エデュよりも以前から、東京都の教育庁から受託を受け、都立高校などに出前授業を提供していらっしゃる、いわば「先輩」です。

この度、授業を届けている中高生たちに、授業をより一層喜んでもらえるにはどうしたら良いか、という問いかけをいただき、お話に上がりました。

まず、中高生の生態がそもそも如何なるものか、なぜ授業で生徒たちに寄り添う必要があるのかという観点からお話し、その前提に立ってアルバ・エデュがこれまで授業で実践してきた授業での工夫をご紹介しました。
後半1時間の質疑応答では、絶え間なく、非常に多くのご質問をいただき、皆様の授業に懸ける情熱をヒシヒシと感じました。その質問からまた多くのヒントをいただき、アルバ・エデュの今後の授業に生かしていける点が多々ありました。とてもありがたかったです。

お招きくださいました遠藤さま、藤吉さまはじめディレクトフォースの皆様、この度はありがとうございました。

<感想をお寄せいただきました>
昨日の講演、ただただ驚きとうなずきの連続で、実にすばらしいものでございました。

会員一同、聞きほれほれ、質問も尽きぬ勢いで、ほんとうに価値あるお話をいただけたと 嬉しかったです。