活動報告

瑞江第二中学校第3回校内研修  <プレゼンテーションの評価を考える>

2021年9月29日
一般社団法人アルバ・エデュは江戸川区瑞江第二中学校の校内研修
<プレゼンテーション評価を考える>を開催いたしました。
校内研修はこれで3回目の開催となります。
内容は「プレゼンテーションの評価」
竹内代表による政治家のプレゼン斬り!
から始まり、
ペアワークやグループワークをいたしました。
先生方は熱心に参加してくださり
最後は「生徒にイイタイコト!」1分間プレゼンを開催。
「毎日生徒とのやりとり帳に全員分コメントをして、時々質問を書いても、
誰もそこにコメントを返してくれない」
との先生のプレゼンには
教員誰もが深くうなずいてしまうのではないでしょうか。
1分間に共感と笑いと生徒へのメッセージと愛情が詰まっていました。
プレゼンの評価によって
子ども達のしなやかな思考を型にはめ、
プレゼンを心から楽しむことができなくなってしまうのではないか
というご意見もあります。
自分のプレゼンを客観視して改善するための
目に見える指標を作成して子ども達の成長につなげたい
瑞江第二中学校の先生方の思いが詰まったルーブリックを作成しております。
文京区教育推進部教育指導課から指導主事様もお見えになり
「子どもにとってはもちろん、教員にこそ必要な研修ですね」
と嬉しいお言葉をいただきました。
出前授業だけなく教員研修に力をいれ
すべての子ども達話す力をつけるために活動しております。
オンラインツールをつかい全国の学校へ教員研修しておりますので

ぜひ一度お問い合わせください。

↓お問い合わせはこちらから↓
https://www.alba-edu.org/contact/