「第三の居場所」向けオンライン社会科見学 <トラベルドクターというお仕事>開催

2021年9月13日、一般社団法人アルバ・エデュは「第三の居場所」へオンライン社会科見学
<トラベルドクターというお仕事>を開催いたしました。
5自治体の拠点、約40名の子ども、スタッフの方が参加してくれました。

トラベルドクターの伊藤 玲哉先生は
病気の患者様につきそい、一緒に旅行に同伴するというお仕事をしてらっしゃいます。
伊藤今年の24時間テレビにも出演された先生です。

トラベルドクターのお仕事とは、というお話の説明のあとに

「病気でなくなるということ」

という少し踏み込んだお話もしてくださいました。

 

人が亡くなるときに見る光景。

それは病院の天井が多いということ。

小学校1年生から小学校3年生までの参加者の子どもたちは

まだ「死」というものは遠い存在です。
亡くなるときに見る景色、について考えたことなんてもちろんありません。

それは大人もそうだと思います。
死に方、について考えたりはしますが、
「最後の景色」について考えたことはないでしょう。

 

そのお話を聞いた後に、旅行に行った患者様の話を、実際の写真を見ながらしてもくださいました。
覇気のなかった顔が、旅行に行っている中でみるみる笑顔になっていく様子。
子ども達はとても驚いていました。

 

旅行に行ったからといって、病気が治るわけではありません。
治す、というゴール以外のもの。
生きている喜び、生きている目的、夢
「旅行」という目的をかなえるトラベルドクターというお仕事に
子どもたちは何かを感じ取り、たくさんの質問をくれました。

 

質問:病院からの苦情はありますか?

伊藤先生の答え:・感染への怖さから苦情が出ることも想定していましたが、今のところとても多くの人から賛同してもらっています。本当は医療現場にいる人が1番、こういった願いを叶えたいと思っているのだと思います。

 

質問:患者さんの笑顔御見てどう思いますか?

医療現場では見ることのできなかった笑顔を、旅行中にはたくさん見ることができます。 もっとたくさんの笑顔が溢れる医療現場になればいいのになと思います。

 

 

質問:温泉以外でどの行き先が多いですか?

温泉が1番人気です。 その他には、 ・故郷に帰りたい ・お墓参りがしたい ・家族に会いたい ・お世話になって人に会いたい ・あの店の料理をもう一度食べたい ・孫の結婚式に参加したい と言った、その人の人生で大切にしていることを願いにすることが多いです。 そのため、一人一人の人生に特別な想いがあると思います

 

 

医者の先にあるトラベルドクターというお仕事。
仕事、そして生きるということについて深く学んだ授業でした。
伊藤先生、すばらしい授業を本当にありがとうございました。

 

継続して参加してくださる拠点からは

挙手して上手く答えられない子を上級生が助けようとする、そんな成長を見ることができ、大変嬉しく思いました。

との感想をいただくことができました。
オンラインでも、新しい話を聞く、体験することによって確実に子どもたちは成長していきます。
引き続き子どもに達に新しい体験を届けていきます。

伊藤先生がトラベルドクターになった思いは
こちらのyoutubeからぜひご覧ください。