保科 眞智子

慶應義塾大学文学部卒業。茶道裏千家教授。バイリンガル茶の湯ナビゲーター。日本文化の魅力と茶の心を伝える全世代型ワークショップには定評がある。東京観光財団推薦。著書に『英語DE茶の湯』(淡交社)、『そのままあるがまま as it is 暮らしにお茶を。』(光村推古書院)。日墺友好150周年記念事業『オーストリア・ロースドルフ城古伊万里再生プロジェクト』発起人/代表。生家は旧大名保科家。三児の母。

 

アルバ・エデュ第8期突入 理事インタビューはこちらから