ACTIVITY REPORT

活動報告

活動報告

  • プレスリリース
    【プレスリリース】市原市教育委員会、全国4万人超の子どもたちに「話す力」を 提供しているアルバ・エデュ協力による 「子どもの学びを支える声掛け講座」を8/30開講  ~リスキリング地域人材を教育現場に~ 「社会に開かれた教育」実現への第一歩

    市原市教育委員会、全国4万人超の子どもたちに「話す力」を 提供しているアルバ・エデュ協力による 「子どもの学びを支える声掛け講座」を8/30開講 ~リスキリング地域人材を教育現場に~ 「社会に開かれた教育」実現への第一歩  市原市教育委員会において、一般社団法人アルバ・エデュ(東京都文京区、代表理事:竹内 明日香、以下 「アルバ・エデュ」)が提供する「子どもの学びを支える声掛け講座」を2022年8月30日に実施することになりました。   「子どもの学びを支える声掛け講座」は、地域の大人が子どもたちや学校教育に携わっていくためのスキルを学ぶ講座です。地域の大人が、教師でもなく親でもない「第三の大人」として子どもに関わっていくことで、地域全体で教育を支えていく土壌を形成することを目的として行われます。 アルバ・エデュでは「すべての子どもに話す力を」のヴィジョンのもと、これまで8年間にわたり他の自治体でも地域と連携した教育活動を推進してきました。市原市教育委員会は、2022年秋開館予定の市原歴史博物館にて、子どもたちの学びをより充実させ、地域との連携を今後より一層深めていくために「子どもの学びを支える声掛け講座」開催を決めました。   林教育長とアルバ・エデュ代表 竹内 ファシリテーター養成講座の様子 〔当日のアジェンダ〕 1 はじめに 2 子どもたちの抱えているもの 3 子どもの心を開く声掛け 学びを深める声掛け   ■取り組みの背景 現在、学習指導要領では、「社会に開かれた教育課程」の実現が求められています。市原市では、平成12年度から「学校支援ボランティア整備事業」を立ち上げ、優れた知識や技術を学校の教育活動等に生かすとともに、地域に開かれた学校づくりを実現してきました。 今回の講座を担当するアルバ・エデュは、地域の人材を教育現場で活用していくための「ファシリテーター養成講座」を開講し、これまでのべ130人のファシリテーターを育成、当団体が学校に提供する授業プログラムに起用してきた実績があります。各国で大人の再教育(リスキリング)が叫ばれる中、教育分野における再教育を実施し地域人材を活かす仕組みです。 また、当団体は令和2年度より、市原市へ「GIGAスクール構想アドバイザー」として関わり、本年度までの3年間にわたりICT教育の推進に尽力して参りました。市原市は、アルバ・エデュの地域人材育成ノウハウを活用し、学校教育に地域人材が参画する機会を積極的に設けることが「社会に開かれた教育課程」の実現に近づくと考え、今回の養成講座の実施を決めました。   ■地域人材を教育現場に採用するメリット 「社会に開かれた教育」とは、学校が社会や世界と接点を持ちつつ、多様な人々とつながりを保ちながら学ぶことのできる、開かれた環境となること、学校が社会や地域とのつながりを意識し、社会の中の学校として社会とのつながりを大切にすることを目的としています。今回、地域人材を採用するメリットは大きく3つあります。 ・子どもたちに地域との繋がりを生み、人間関係を広げ、新たな居場所を提供できる ・教師でも親でもない、「第三の大人」が子どもに関わっていくことで新たな視点を与え、世界を広げることに繋がる ・地域の大人の再教育(リスキリング)が実現することに加え、子どもたちと直接触れ合うことで、教育に対する関心が高まる アルバ・エデュがこれまでの活動で蓄積してきた「子どもが心を開いたり、学びが深まったりする声掛けの仕方など」のノウハウを、具体的な実践を交えてお伝えしていきます。 ■過去にファシリテーター養成講座に参加した方のコメント ・子どもに対する声掛けについて学ぶ講座でしたが、それ以上に会社の部下に対してそのまま使える内容だと感じました。対象者に関係なく、活用できるスキルだと感じました。 ・授業で使うと聞いてアルバ・エデュの講義を受講しましたが、自分の育児にも応用できるヒントが多々ありました。子どものやる気が出る声掛け、少しの視点の転換と言葉のチョイスで子どもの反応が変わることを知り、明日から家庭でも実践したいと思いました。 ■市原市について 市原市は、千葉県の中央部に位置し、人口は約26.6万人と千葉県内では柏市に次いで第6位の人口規模がある大きな市です。上総国分寺跡や二子塚古墳があり、チバニアン(地球磁場逆転地層)が近年発見されるなど、史跡が多いことでも有名です。教育においては、平成28年度に策定した「市原市教育の情報化推進事業計画」のもと、令和2年11月には県内で最も早く児童生徒に一人一台タブレット端末を配備し、「IChiHaRaスタイル」というGIGA構想を迅速に推進していくための体制を整えるなど、ICT教育に力を入れています。また、小中一貫教育にも力を入れており、「智育・徳育・躰育を幼児期から一貫して教育する指導体制」を整え、1つの校舎で小中学生が一緒に学べる「加茂学園」を開校した他、他の21中学校区では、施設は現状のままで小中学校が連携しあう一貫教育を推進しています。「市原の子どもは市原が育てる」という理念のもと、特色ある教育活動を行っている市です。 所在地  : 千葉県市原市国分寺台中央1丁目1-1 市長   : 小出 譲治 WEBサイト: https://www.city.ichihara.chiba.jp/   ■一般社団法人アルバ・エデュについて アルバ・エデュは、変化の激しい時代を生きる児童・生徒たちが、自己理解を深め自己効力感をもって未来を切り拓いていくために「話す力」を高める教育を全国に広げています。これまでに43,000名を超える子どもたちへの授業実績があります。 代表理事の竹内が、金融業界で海外投資家と日本企業をつなぐ仕事をする中で、「日本の優れた製品やサービスの良さが伝わっていない」という現実に何度も直面してきました。 「話す力」は環境が担保されれば訓練すれば高めることができるという信念のもと、教室内の心理的安全性をも高めるプログラムを提供しています。 ■代表理事:竹内 明日香について 東京大学法学部卒業。日本興業銀行(現みずほ銀行)を経て、2007年に独立。日本企業の海外事業や情報発信(企業プレゼン等)を支援して今日に至る。2014年、子どもの「話す力」の向上を目指す一般社団法人アルバ・エデュを設立。教員研修や児童・生徒を対象としたモデル授業を展開。株式会社日陸社外取締役。一般社団法人未来の先生フォーラム理事。公立小元PTA会長。2022年5月には書籍『すべての子どもに「話す力」を』を出版。二男一女の母。 所在地  : 東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル308号 設立   : 2014年12月 代表理事 : 竹内 明日香 WEBサイト: https://www.alba-edu.org/ <取材に関して> 日時    :2022年8月30日(火) 14:00~15:00 講師    :蝦 真理子 場所    :市原歴史博物館多目的室 事前申し込み:不要 対象    :報道関係者様 お問い合わせ:下記担当者まで <本件に関するお問い合わせ先> 一般社団法人アルバ・エデュ 広報担当: 正木 早紀 メール : localgov@alba-partners.com 電話  : 03-5981-9271

  • 取材・掲載
    地域情報誌「あらぶんちょ通信」に掲載されました

    2022年9月号の地域情報誌「あらぶんちょ通信」に 「注目の人」として代表理事の竹内明日香が掲載されました。 あらぶんちょ通信は 東京ケーブルネットワーク株式会社が作成している情報誌で、文京区・荒川区・千代田区の頭文字をとって「あらぶんちょ!」です。 2022年9月号は文京区の護国寺がテーマになっており、アルバ・エデュのオフィスが護国寺にあるため 竹内に取材依頼が参りました。 当初は竹内が主宰を務める音羽の森オーケストラ・ポコアポコについての取材依頼だったのですが 竹内の強い希望でアルバ・エデュの取り組みを記事にしていただきました。 編集者のみなさま、ありがとうございました!

  • オンライン授業・オンラインイベント
    子ども第三の居場所向けオンライン授業「人前で話す3つのコツ」開催

    2022年8月18日(木)一般社団法人アルバ・エデュは 子ども第三の居場所に通う子供たちに向けてオンライン授業 「人前で話す3つのコツ」を開催いたしました。 この授業は日本財団の支援の下 「体験格差」の解消と「話す力」の向上を目的 として開催しております。 2021年より活動を開始し、今年で2年目となりました   「人前で話す3つのコツ」はアルバ・エデュのプレゼンテーション授業です。 出前授業で行っている授業を、異なる学年がいる居場所の子どもたち用にアレンジいたしました。 ・自己紹介 ・話す力はなぜ必要か ・3つのコツワーク ・自分の好きな食べ物をプレゼン 話す力はなぜ必要か、と箇所では 「助けて!」 というのも話す力であると、居場所の子どもたちに向けての メッセージを少し加えました。 広げる・深める・広げる というモノの考え方のトレーニングをして、頭を動かしつつ 緊張をほぐしていきます。 動物を5つ考え、その特徴を伝えたり 自分が好きな動物について伝えたり。 ペアワークをしていくうちに、子ども達の表情がどんどん柔らかくなっていきました。 キレイな姿勢の取り方や、口の周りを柔らかくする舌の動きも取り入れると 体もほぐれてきて、自然に言葉がでるようになってきました。 最後のプレゼンでは子どもたちが好きな食べ物をお互いに伝えあいました。 そうめんが好きです、もちもちだからです! ぶどうの皮の部分の味が好き! 自分の好きな食べ物について 「なぜそれが好きなのか」 を話すことは、グルメ番組でない限りなかなかありません。 みんな笑顔で話をしていたのが印象的でした。 居場所のスタッフの方からは 途中で導入していただいた、リラックス体操(肩回し)で、 子どもたちの肩甲骨の可動域に今更ながら驚きました。 姿勢保持も課題の1つですが、普段の小さな声掛け、遊びが必要だという事も 学ばせていただきました。   と感想をいただくことができました。 夏休みが終わって学校が始まったとき 日直の時に良い声がでたり 発言をするときに、自分の気持ちをのせて伝えることができたり そんな一歩になってくれることを願います。  

  • 教員研修
    石川県金沢市で教員研修を行いました

    2022年8月1日(月)一般社団法人アルバ・エデュ 代表理事竹内明日香は 石川県金沢市で中学校教員向け研修を行いました。 金沢市は日本財団の助成による効果測定を行う6自治体目となります。 「話す力はなぜ今大切なのか」 という内容で、公立中学にプログラムを導入する前の研修になります。 先生たちがとても前向きに聞いてくださったのが印象的でした。   36℃というこの夏の最高気温の中、みなさまありがとうございました。

  • イベント・講演
    横須賀高等学校PTAフォーラムに登壇しました

    2022年7月9日(土) 一般社団法人アルバ・エデュ、代表理事・竹内明日香は 神奈川県立横須賀高等学校PTAフォーラムにオンライン登壇、 『「AIに職を奪われる恐怖」を断つために』 をテーマにお話いたしました。     <世の中のニーズを知り、そして今あるサービスをかけ算する> AIにはできない、私たち人間だからできること 都立高校で私たちが授業としても行っている 「かけ算ワーク」のお話も交えてお伝えしました。   参加してくださった保護者からは ・聞くだけでなくクイズ形式もあって、参加している感覚がありとても楽しかったです。 ・AIに負けないように自分の力を身に着けて欲しいと思った講演でした。 とご感想をいただきました。 横須賀高等学校の保護者の皆様 ありがとうございました。 講演会のお申込み・相談はこちらから https://www.alba-edu.org/contact/  

  • その他
    富山市教育委員会とアルバ・エデュ、すべての子どもに 話す力を届けるプレゼン教育に関する連携協定を締結

    富山市教育委員会と、プレゼン教育授業を手がける一般社団法人アルバ・エデュ(東京都文京区、代表理事:竹内 明日香、以下「アルバ・エデュ」)2022年7月11日にすべての子どもに話す力を届けるプレゼン教育に関する連携協定を締結しましたのでお知らせいたします。 なお、この事業は日本財団助成事業「全国の教育現場への『話す力を高めるプログラム』導入事業」の対象事業となります。 ■宮口 克志教育長のコメント 富山市が本市の指導方針に基づいて取り組むことで子どもたちに培いたいと考えている力と、アルバ・エデュから提案いただいたものとがフィットした。 (話す力は)変化の激しい社会において子どもたちがつけていかなくてはいけない力。 自分を表現する、自分を伝える力。 与えられた知識や技能にとどまらず、自分たちでまとめて発信していく。 これをきっかけに市内の小・中学校に広めていきたい。 世界に羽ばたく富山の子どもたちになってほしいと願っています。 ■竹内 明日香のコメント これから大切なのは自ら考え、自分の思いや考えを話す力です。 授業の当初、ほぼ全員の児童が「話すのは苦手」という方に手を挙げていました。 ところが、考え方さえ手に入れれば、最後には満面の笑みで一人残らず話せていました。 富山の子どもたちはすでに学力が高いので、ここに思考して表現する力が加わったら今後が楽しみです。 これからますます取り組みを広げていきたいですし、今日から富山で始まる変化を全国に発信していきたいです。 プレスリリース全文はこちらから https://www.atpress.ne.jp/news/318030

  • 中学校出前授業
    文京区立中学校1年生に出前授業

    7月1日、今週も東京都文京区立中学校1年にプレゼンテーションの授業を届けました。 この中学校の一部の授業は、日本財団の助成金をもとに授業を行っております。  「世の中は変えられる、そのためにプレゼンはある」  これは、アルバ・エデュの授業で必ず子供たちに伝えている言葉です。子どもたちはプレゼンによって世の中を大きく動かした人々の話を真剣に聞き、自分たちのプレゼンにもそんな人々の心を動かすパワーがあるのだということを理解しました。実際のミニプレゼンのワークでは、プレゼンの力を知った子どもたちの話に乗せるエネルギーの力強さに圧倒されました。生き生きと自分の伝えたいことを友達に話す生徒の姿が印象的でした。  授業後の生徒たちの感想には   「プレゼンテーションの大切さや、話してみることで味わえる楽しさを知ることができたと思った。」 「自分がプレゼンをして訴えかければ少しのことでも何かは必ず変わるんだと思った。」 「今までどうしても、プレゼンテーションだけで世界を変えることはできないと思っていたが変えることもできるということを知った。」   など、プレゼンテーションの可能性に大きな希望を抱いている様子が書かれていました。 自己効力感の重要性が叫ばれている今だからこそ、 「自分の話す力で人々の心を動かすことができる」 という思いをもてる成功体験が必要なのではないでしょうか。 プレゼンテーションに挑戦することは、そのような子どもたちの自己効力感を高めることに繋がります。 これからも私たちアルバ・エデュでは、子どもたちが未来への希望をもち、自己効力感を高めるプレゼンの授業を提供してまいります。  

  • 取材・掲載
    SBCニュースワイドにてプレゼンテーション出前授業の様子が放送されました

    2022年6月28日(火)一般社団法人アルバ・エデュがおこなった 長野県御代田町御代田南小学校へのプレゼンテーション出前授業の様子が 信越放送 SBCニュースワイドにて 【「話が苦手」小学生 どう伸ばす? 4万人が受講 プレゼン力養う】 というタイトルで放送されました 同社ウェブサイトにて授業動画がアップ・掲載されております。 ぜひご覧ください。 https://newsdig.tbs.co.jp/articles/sbc/81765?display=1

  • 中学校1年生プレゼンテーション授業【第二回目】

    2022年6月24日(金)、東京都文京区内中学校1年生にプレゼンテーションの授業を行いました。  同中で2回目となる今回の授業では、プレゼンテーションの効果的な見せ方について、具体的な事例を示しながら説明しました。 アルバ・エデュでは、プレゼンテーションは「考える」部分、つまり自分の思いや考えを深めることがとても重要だと伝えています。 しかし、いくら自分の思いや考えを深めていたとしても、相手にその思いが届かなければ意味がありません。 伝わるようにするためには、プレゼン資料はできるだけシンプルにするよう心がけることが大切です。 そして聞き手に強く訴えかけるようなデータや写真、デザインの選定もポイントです。 生徒たちは授業で学んだプレゼンの「見せる」ポイントを確認しながら、自分の好きなものを友達に伝えるプレゼンにチャレンジしました。 自分の人生をチャートで表してプレゼンする生徒、好きな動物を守るために地球環境の変化を写真で示して問題提起する生徒。 一人一人が伝えたい思いをプレゼンに表すことができました。    授業後のアンケートでは 「プレゼンに苦手意識があったけど、他の人に好きを伝えるのは結構楽しく、プレゼンが少し好きになった」 「プレゼンをするのが楽しみになった」   と回答してくれた生徒もいました。これからは9月の発表会に向けて準備を進めていく予定です。 発表会で熱のこもったプレゼンが聞けることを楽しみにしております。

  • 取材・掲載
    教育新聞に取材・掲載されました

    2022年6月17日に開催した東京都文京区立第六中学校のプレゼンテーション出前授業の様子が、6月22日ウェブ版教育新聞に取材・掲載されました。   担当記者の方より 「中学生がほぐれてあんなに話せると思わなかったです」 「この授業を受けるか受けないかで人生変わりますね」 などの熱いコメントをいただくことができました。 ↓ウェブ記事はこちらから(教育新聞無料アカウントを作成すると全文読むことができます)↓ https://www.kyobun.co.jp/ ↓Twitterはこちらから↓ 世の中を変えるためのプレゼン 中学生にメソッドを指導https://t.co/EAl6x3b66G— 教育新聞 (@kyoiku_shimbun) June 22, 2022